Band Beginners!

大人がはじめる音楽活動! -初心者から楽しもう-

【⑤キーボード編】あなたに向いているパートは? バンド内でのパートの役割

バンドを始めるにあたって、どんなパートがどんな役割を担うのか? 自分に向いているパートは? バンド初心者にはわかりづらい「パート選び」のポイント、いよいよ最後はキーボード編です!
ピアノを習っていたことがある、という人も多く、割と身近な楽器でもあるけれど以外と実態を知られていないキーボード。その魅力や取り組み方について紐解いてみましょう!

キーボードとは? シンセ音から生楽器の代わりまで幅広くこなせちゃう多彩で多才な楽器!

「キーボード」とは鍵盤楽器の総称であり、細かく見ていけばさまざまな種類があります。ピアノ、オルガン、シンセサイザー、エレクトーンなどなど…。どのキーボードを選ぶかにもよりますが、あらかじめセットされた音源によって多彩な音色を奏でることができます。また、バンドで使われるキーボードはほぼ電子楽器を前提とするため、キーボード自体の機能で音色を調整したり、あるいはパソコンと繋いで音源を拡張したりと電子楽器ならではの拡張性を持たせることが可能です。
まさに、出せない音はない! というほど、幅広く対応できる多才な楽器といえるでしょう。

キーボードの楽しさ

キーボードの楽しさといえば、とにかくいろんな音が手軽に出せること! ピアノやオルガン、電子音はもちろん、ストリングスやホーン隊の代わりにだってなることができちゃうので、バンドサウンドに大きな広がりを持たせることができます。バンドサウンドって「ドラムベースギターボーカル」で完結できてしまえるのですが、そこにキーボードが加わることでより壮大な演奏を聴かせることができるようになるのです。
また、ピアノを習ったことがある人の割合も割と多かったり、音楽の時間にピアニカくらいは触ったことがある、など、誰しも一度は鍵盤に触る機会があるため、楽器の中ではかなりとっつきやすい部類でもあります。「とりあえず押したら音が鳴る」という手軽さゆえですかね(笑)。

キーボードの難しさ

さて、そんな多才で多彩かつとっつきやすいキーボードですが、いざバンドの中に入ると案外「どっちつかず」なポジションに陥りやすくなります。
というのも、たとえばいざキーボード(や打ち込み)の入っている曲をバンドでコピーしようとすると「これ、鍵盤1台じゃ足りんやんけ…」といった事態になりやすいのです。ドラム、ベース、ギター以外の全部がキーボードに回ってきてしまうため、本気でがっつりコピーしようとすると「あれも、これも」と収拾がつかなくなってしまいます。そのため、現状の自分の機材やスキルから、必要な音を取捨選択したりアレンジしていく力が求められます。
さらに、オリジナル曲をやろうとしたときになかなか立ち位置が決めづらいのもキーボードの難しさです。たとえバンドマンであっても、「キーボードの立ち位置」を考えながら曲を聴いている人は、残念ながら実はそんなに多くいません(笑)。どうしても、すでにギターやベースが構成した中に「追加でキーボード」というポジションになり、「なんかうまく入る余地がないなぁ…とりあえずコードで埋めとくか」みたいなパターンになりがちだったりします。切ない…。

キーボードに向いている人とは?

1.キーボードの入っているバンドが好き

さて、そんな意外と使いどころの難しいキーボードですが、キーボーディストに向いているのはまずは「キーボードの入っているバンドが好き」であること。「バンドの曲は好きだけど、キーボードはあんまり意識して聴いていない、なくてもいい」というスタンスで聴いていると、上記「キーボードの難しさ」で挙げたようなアレンジ力やキーボードのポジション作りに難航しやすいです。打ち込みサウンドよりも、メンバーとしてキーボード担当がいるようなバンドだとなおよいですよ!

2.全体のアンサンブルを考えられる人

これまた「キーボードの難しさ」で挙げた内容に関わりますが、たとえコピーバンドであってもキーボーディストにはほかの楽器以上にアレンジ力が求めます。がっつり打ち込んだ音源を同期でもさせない限り、実現不可能な演奏ってありますからね…。
というわけで、キーボードをやるならば、自分のできる領域をジャッジし、どんな音を足せば全体をまとめられるか? を考えるのが苦じゃない人のほうがよいでしょう。

3.自分を上手に売り込める人

これまでに述べたように、キーボードというパートにはサウンド的に大きな負荷がかかりやすいです。加えて案外、キーボード以外のメンバーはキーボードのことを「ピアノ+なんかいろいろ(ふんわり)」くらいにしか捉えていなかったりします(笑)。その中で、「自分の得意領域はここだよ、こういうことならできるよ、こんなイメージにしたくてこんなアレンジにしたよ」といった「自分の音」をしっかり打ち出し、周りに伝えることができる方が、キーボーディストとしての需要(というかバンド内での存在意義)が高くなり、メンバーみんなでバンド活動を楽しむことができるようになります。

FC2ブログランキング 音楽ブログ 大人のバンド活動へ にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へ ブログランキング 音楽ブログ 大人のバンド活動へ
↑この記事は上記3サイトでランキング掲載中です!

コメントを残す